MESSAGE
代表メッセージ

企業文化は、
人と技のクオリティーによって生み出されていく。

21世紀は、社会はもとより各産業が新しい視界の幅を持って、その力を対応させていく時代です。
従来の概念を基本とし、さらなる志向性に満ちた概念の確立と展開。ここにこれからの企業文化があると考えます。
私たち福豊精工は、21世紀の中小企業としての役割、存在意味を新世紀型で見つめ的確に変化させたいと考えています。
こうした考え方は、創立以来、一貫した技術開発にみることができます。
福豊精工は、精密板金加工を主体として躍進していますが、その背景には、特に精密板金加工技術を大きく飛躍させたレーザー加工機からNCブレーキまで、多彩な技術開発の進歩があります。
また、5面加工機、夜間自動運転を可能とする設備やその他さまざまなシステムも合わせ、複合的技術によって絶えず時代の要求に応えてきたのです。
さらに「企業は人」の原点をいつも見つめ、人材育成にも積極的に取り組み、全社一体とのなっての運営を推進しております。
その成果は、高精度の板金加工体制のさらなる強化と、あらゆるものづくりの拡大のための基礎作りに現れています。
福豊精工は、21世紀の企業として、新たな考え方と技術によってお客様の期待に応えていきます。

代表取締役社長

田邊 祥一